こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀は長期国債大量買い増し辞さず、物価下振れなら異次元第2弾】
日本銀行は2%の物価安定目標の早期実現のため、
必要であれば長期国債のさらなる
大規模な買い増しを辞さない構えだ。
関係者への取材で明らかになった。

※ブルームバーグ引用

日本版QE2が行われるのであれば、
まず、為替は円安にふれ、
アメリカマーケットのクラッシュもなければ、
日本マーケットも、ゆっくり上昇していくはずです。
今月のFOMCで、どちらに動くかわかりませんが、
為替、マーケットが大きく動く一番の理由は、
政府の政策と、中央銀行の意向です。

【17カ月連続の貿易赤字、額は11月として最大-燃料輸入高止まり】
11月の貿易収支 は17カ月連続の赤字となり、
過去最長を更新した。
赤字額は事前予想を下回ったものの、
11月としては比較可能な1979年以降で最大。
輸出が自動車などを中心に増加したものの、
輸入は原油や天然ガスなどの需要が高止まりしており、
輸出の伸びを上回ったのが主な要因。

※ブルームバーグ引用

以前も書いた通り日銀が行っている
金融緩和は、今のままでは、日本の金融危機を
早める結果になりかねません。
円安によって輸出を増加させたところで、
これだけグローバル化が進んだ今になって、
世界の工場を、また日本にと言っても、
戻ってくるわけがありません。
何よりも燃料の輸入は、必要ですから、
円安が進めば進むほど日本は損することになります。
マスコミも良いことしか書いていないのも気になります。

この政策を進めている人々が、
どこに落としどころを持っていこうとしているのか、
私にはわかりません。
ただし、この政策を進めているかぎり、
マーケットの大観はわかりやすいような気がします。

【12月18日のマーケット】
131018_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1837-9a091b92