こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株(終了):上海総合指数、4カ月ぶり安値-流動性懸念】
中国株式市場では、
上海総合指数が約4カ月ぶりの安値となった。
石炭株や自動車株が売られた。
当局が流動性逼迫(ひっぱく)緩和のための
追加措置を講じなかったことが、一部投資家の失望を招いた。

※ブルームバーグ引用

アメリカ、日本とマーケットは好調ですが、
中国マーケットは蚊帳の外。
休場だった香港マーケットは、
明日、ひさしぶりに再開しますが、
本土株の下落が足を引っ張る可能性があります。

【円が5年ぶり安値更新、日本株上昇でリスク選好の売り優勢】
東京外国為替市場では、円が約5年ぶりの安値を更新。
日本株の上昇を背景に、リスク選好の動きから円を売る動きが優勢となった。
1ドル=104円台前半で東京市場を迎えた
ドル・円相場は朝方からじりじりと値を切り上げ、
午前9時すぎには20日に付けた2008年10月以来の円安値の104円64銭を突破。
一時104円84銭を付けた。
その後は104円台後半でもみ合う展開となり、
午後3時15分現在は104円74銭前後で推移している。

※ブルームバーグ引用

今月は為替について多く言及していますが、
アメリカマーケットの急落などなければ、
FRBや日銀の動向を見れば、流れは円安です。
しかし、DOWは上げすぎです。
逆に何かのアクシデントで、マーケットが暴落すれば、
大きく円高に動いた際は、ドルを買っていきたいです。

【12月26日のマーケット】
131226_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1843-a542fde2