こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米ボストン連銀総裁:緩和縮小は極めて緩やかなペースが必要】
米ボストン連銀のローゼングレン総裁は、
量的緩和策の縮小を「極めて緩やかな」ペースにして
経済への打撃を回避すべきだとの見解を示した。
ローゼングレン総裁は米コネティカット州ハートフォードで講演。
事前原稿によると同総裁は「今の景気回復は緩慢過ぎる。
金融政策の尚早な引き締めで経済情勢の一段の正常化を遅らせたくはない」と述べ、
「失業率が依然として異例の高水準にとどまり、
インフレ率が著しく低い状態が続く現状では、
極めて緩やかな正常化が適切だ」と指摘した。

※ブルームバーグ引用

これはおっしゃるとおり。
リーマンショックから、ここまで立ち直る年月を考えると、
金融引き締めは、同じくらいの時間をかけて、
ゆっくり行わないと、どこかでストーンと落ちる場面が
出てきてもおかしくありません。

【香港株(終了):H株指数、4日続落-中国の成長鈍化を懸念】
香港株式市場では、
ハンセン中国企業株(H株)指数が4営業日続落。
政府が投機的融資の規制を強化する中、
中国の経済成長が鈍化するとの懸念が広がった。

※ブルームバーグ引用

年明けから冴えない中国株。
中国政府の政策も、はっきりしません。
アメリカ、日本よりリスクは高くなっていると思います。
目の見えないところで、屋台骨が、
ぼろぼろになっていなければ良いと思います。

【1月7日のマーケット】
140107_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1847-5d7839f2