こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米FRB、為替レート操作の疑いめぐり大手銀を調査-関係者】
米銀行持ち株会社の監督当局である
連邦準備制度理事会(FRB)が
為替相場の指標となるレート操作の疑いをめぐり
大手銀行を調査していると、
事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにした。
銀行が管理責任を問われ制裁を科される可能性は高まっている。

※ブルームバーグ引用

各国の中央銀行が行っていることが、
為替操作で、その裏で(情報を先に得て)儲けている人は、
絶対にいると思うんですけどね。
為替に限らず、株に関して言えば、
大手証券会社は、どの企業も、買いのアナウンスを出しているうちに、
売り抜けていることや、その逆ありき・・・。
不正は、もちろん許されませんが、絶対になくらないでしょうね。
操作が入るということは、相当、悪質だったのでしょう。

【香港株(終了):上昇、米緩和縮小加速の懸念後退-不動産安い】
香港株式相場は上昇。
昨年12月の米雇用統計で雇用者数の伸びが鈍化したことから、
米当局が刺激策の縮小ペースを加速させるとの懸念が後退した。

※ブルームバーグ引用

香港マーケットの下落がなかったのは幸い?
確かに雇用統計の悪い結果を受けて、
アメリカが金融緩和の縮小を進める速度を
早めることはありません。
しかし、それは、いつか行われるのであって、
その先の先を見据えて投資行動を進めていきたいです。

【1月13日のマーケット】
140113_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1851-df6d0be0