こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株反発、円安と国内政策期待-輸出や海運上げ、先物主導】
東京株式相場は反発、為替の円安推移、
成長戦略など国内政策への期待などから
先物主導で見直しの買いが優勢となった。
一部アナリストの評価を受けた海運株が上げ、
輸送用機器やゴム製品、精密機器など輸出関連株も高い。
日本銀行の金融政策決定会合が
きょうから始まり、これを材料視する動きもあった。

※ブルームバーグ引用

消費税を増税した後、
4月に追加の量的緩和が行われると思うのですが、
ここは、もう少し円高に進んでいただき、
マーケットが調整してくれればと思います。
3月末に、一度、株が購入できればなと思っています。

【中国株(終了):上海総合指数、1週間ぶり大幅高-資金供給で】
中国株式相場は上昇。
上海総合指数は1週間ぶりの大幅高となった。
中国人民銀行(中央銀行)が流動性を供給し
金融システムの資金逼迫(ひっぱく)が緩和された。
中国2位の通信機器メーカー、ZTE(中興通訊)は
昨年の損益が黒字に転換した。

※ブルームバーグ引用

やはりマーケットを動かすのは、
各国の中央銀行。
長期の値動きも中央銀行の動きを
先読みすることで、長期の予想なら、
何となく見えてくることがあります。
しかし、日本は何となく見えてますが、
中国は、長期ではわからず。
とりあえず、その場、その場で対処しているように見えます。

【1月21日のマーケット】
140121_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1857-d070a208