こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株楽観弱まる、新興国波乱で海外勢変調-1月ワーストに】
日本株に対する楽観ムードが急速に後退している。
新興国市場の波乱が世界の投資家のリスク選好姿勢を冷やした上、
為替の円安一服、4月からの消費税引き上げも控え、
企業業績への信頼感も揺らぎ始めた。
昨年の歴史的上昇相場を引っ張った
海外投資家が年初から売り越しに転じ、需給面の変調も懸念材料だ。

※ブルームバーグ引用

今日は、さすがに踏みとどまると思いましたが、
完全にアメリカ株の動きをトレースしている日本株と香港株。
とうとう外国人投資家も本日は売り越しに。
一時的な売り越しなのか、それとも本格的に、
これから売ってくるのか、見当がつきませんが、
投資家の心理は、完全に売りになってしまいました。

【株価下落の流れ】
アメリカが金融緩和を縮小
   ↓
アメリカが新興国から金を引き上げる
   ↓
新興国が経済不安に
   ↓
さらに投資家が新興国から資金を引き上げる
   ↓
引き上げた資金が、安定している日本に流入
   ↓
為替が円高に振れる
   ↓
株価下落


※引用2ch

とうとうバーナンキ議長からイエレン議長に
バトンタッチとあいなりました。
アメリカマーケットが下落すれば、
世界のマーケットが下落するという流れになっています。

結局、これは、FRBが痛みが伴う手術を選択せずに、
身体の点滴を打ち続け、体力が回復したと判断し、
点滴をやめるようにしていくわけですが、
一時的に悪化しても、健康に向かうのか?
それとも、逆に、そのまま悪化してしまい、
以前の状態より、悪化してしまうのかという
結果待ちの状態です。

【2月4日のマーケット】
140204_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1867-73eb3f7e