こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【黒田日銀総裁:現時点で何か金融政策を調整する必要あるとは思わない】
日本銀行の黒田東彦総裁は11日午後、定例記者会見で、
「現時点で何か金融政策を調整する必要があるとは思っていない」と述べた。
黒田総裁は一方で、輸出については「勢いに欠けている」と指摘。
「昨年、量的・質的金融緩和を導入した時点で思っていたよりも、
輸出が弱め」となっていると述べた。

※ブルームバーグ引用

やはり何か起きないと、
人はなかなか行動に動けず・・・
ということで、マーケットが下落、円高が進まないと、
日銀のさらなる金融緩和政策は、期待できないようです。
ウクライナ情勢も、すぐ何かが起こるということはなさそうですが、
現状、何かあるとすれば、中国かなと思っています。

【STAP細胞論文、文科省が理研に調査・説明を要求-菅官房長官】
理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらが
作製に成功したと発表した新しい万能細胞「STAP細胞」をめぐって
共同研究者が論文取り下げを呼び掛けた問題で、
文部科学省は理研に速やかな調査と説明を行うよう求めている。
菅義偉官房長官が11日午前、閣議後の記者会見で明らかにした。

※ブルームバーグ引用

何かの賞をとったわけでもなく、
いきなりマスコミによって大々的に発表された
STAP細胞のニュースは、何となくきな臭さを感じていました。
もちろん、研究成果が本物であれば、
さらに研究が進めば、臓器移植で使用する臓器が、
作ることも可能になるはずです。
「たまたまできたので発表しちゃいました」
という会見にならなければ良いと思いますが、
マスコミが飛びつき、流す情報には、必ず
なにかしらのバイアスがかかっています。

【3月11日のマーケット】
140311_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1892-69e6ec2a