こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ECBメルシュ理事:QE準備の目的はデフレ発生時の迅速対応】
欧州中央銀行(ECB)の当局者らは
ユーロ圏のデフレリスクが現実のものに変わった場合に迅速に行動できるよう、
量的緩和(QE)について現在分析していると、メルシュ理事が述べた。

※ブルームバーグ引用

アメリカ、日本、そしてEUと
世界的に見て量的緩和の流れが続きそうです。
中国もシャドーバンキングの問題、バブル崩壊後、
日本、EUがアメリカのそれに次いで、
量的緩和がうまく作用すれば、続くはずです。
個人的には、量的緩和は、問題を解決するための、
諸刃の剣の、時間解決に過ぎないと思っているのですが、
世界恐慌が起こるよりかはましですね。

【中国ジャンク債、価格上昇は保有縮小の好機-ゴールドマン】
米ゴールドマン・サックス・グループ は、
中国の高利回り債が6週間ぶりの長い上昇となったことを受け、
今がこうした債券の保有を縮小する好機かもしれないと指摘した。

※ブルームバーグ引用

石ころのなかからダイヤモンドを見つけるのが
難しいように、地合いが悪くなった中で、
本物を見つけるのは、相当、難しいと思います。
もちろん、ゴールドマン・サックス・グループが言うのは、
おっしゃるとおりですが、選定を間違えると、
手痛いしっぺ返しをくらうことになります。

【4月8日のマーケット】
140407_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1910-3ffbab2a