こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ECBの主要政策金利、依然引き下げ余地=クーレ専務理事】
欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、
仏紙ルモンドが22日掲載したインタビューの中で、
主要政策金利は現行の0.25%よりも引き下げられる余地があり、
ユーロ高で低水準なインフレ率が維持される可能性があると指摘した。

※ブルームバーグ引用

アメリカマーケットは、相変わらず堅調ですが、
中国、欧州は、黄色信号が点滅中です。
しかし、そういったなかでも、
金利引き下げ、量的緩和を実施することで、
時間が稼ぐことができ、その間に景気を回復させれば、
景気を解決させることができるということで、
壮大な実験が、アメリカが先行して行い、
日本が、それに続いている段階です。

【中国の13年末土地担保融資、前年比+30.4%】
中国の国土資源省が22日公表したデータによると、
全国84の主要都市での土地を担保にした融資が
2013年末時点で7兆7600億元となり、
1年前から30.4%増加した。

※ロイター引用

昔の日本と同じ流れです。
土地に投資し、土地の値上がりによって、
そのお金を、他のものに投資する。
しかし、土地が値上がりしているあいだは良いですが、
一点、土地が値下がりをはじめたら、
倍々で、その負担が大きくなります。
日本でも、有名な企業が、そのあおりを受けて、
多く倒産したことは、忘れてはいけません。
みんながいけいけどんどんのときこそ、投資を抑え、
みんなが投資を控えているときこそ、投資する。
株式投資も同じです。

【4月22日のマーケット】
140422_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1921-f25968b7