こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【バフェット氏の後継レースで頭角現すアベル氏、事業拡大で】
米資産家ウォーレン・バフェット氏は81歳だった2年前に、
投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの
次期最高経営責任者(CEO)を取締役会で選定したことを明らかにした。

※ブルームバーグ引用

すでに運用が、次期後継者に移譲されていればいいですが、
どちらにしても、バフェットさんが亡くなった時、
一時的に、バークシャー・ハサウェイの株は、下落するはずです。
現在の株価を考えると、その時に、購入を考えても遅くないと思います。
そして、世界トップの投資家でも、目標を達成できないことがある
というのが、下記の記事からも読み取れます。

【コカ・コーラと争うつもりはなかった=バフェット氏】
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は3日、
飲料大手コカ・コーラの役員報酬計画を批判しながらも
株主総会で反対票を控えたことについて、
自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェの株主総会で説明を迫られた。
バフェット氏(83)はまた、
バークシャーのトップとして君臨してきた49年間で初めて、
同氏が掲げた5カ年計画の目標が昨年達成できなかったことについて、
投資家から質問攻めにあった。

※ブルームバーグ引用

最近のアメリカマーケットは上昇基調にあるだけに、
目標を達成できなければ、かなり責められるのはいたしかありませんが、
バフェットさんのすごさは、投資という仕事を49年間続け、
トータルで確実に利益をだし、世界屈指の富豪になったことです。
資産運用で一番大事なことは、「資産を減らさないこと」です。
さらに、資産を増加し続けるというのは、もっと難しいことです。
今の日本の利率を考えると、
年利7%で運用を40年続けてくれるところがあれば、
そこにぜひ、全財産を預けたいと思います。

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1930-94eb9ae6