こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株続落、米金利警戒し輸出中心安い-一時1万4000円割れ】
東京株式相場は続落。
米国の金利低下傾向による景気の先行き不透明感、
為替の円高警戒に加え、中国景気の懸念などから午後に崩れ、
日経平均株価は一時約1カ月ぶりに1万4000円を割れた。
電機や機械、ゴム製品など輸出関連株、金融、不動産株中心に安い。

※ブルームバーグ引用

一時的に戻るとは思いますが、
日本株から外国人投資家が離れているのを見ると、先行きは暗い。
NISAではないですが、日本の個人投資家が買い始めると、
日本マーケットは下落する可能性が、やっぱり高いように思えます。
いくらマーケットに資金を供給しても、
それが企業や個人に回らなければ、消費は上昇しません。
今年は、アベノミクスの正念場になるかもです。
ひどくなれば、日銀は、さらなる金融緩和を実施することになりますが、
あまりよろしくないサイクルになりそうです。

【【クレジット市場】ゴールドマン、円建て仕組み債で投資家魅了】
:ゴールドマン ・サックス・グループが
今年アジアで発行した、いわゆるスイッチクーポン債が
記録的な規模に達している。
クーポンレート(表面利率)が変動から
固定に切り替わる可能性があるこの仕組み債を円建てで発行し、
利回りを求める投資家ニーズにマッチしたことが寄与した。

※ブルームバーグ引用

記事のポイントは、ゴールドマン・サックス・グループが、
今後、考えいている日本の10年国債利回り。
「ブルームバーグが実施したエコノミスト調査によれば、
 指標となる10年国債利回りは15年9月末まで1%を下回った状態が続くと予想されている。 」
少なくとも、残り1年で、日本の金利も、急激に上昇しないことを示唆しています。
読めないのは、為替ですが、マーケットがいけいけどんどんの今は、
円が売られていますが、逆になれば、
一気に円が買われる可能性があることを、忘れてはいけません。

【5月19日のマーケット】
140519_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1939-05cf27a4