こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【金融政策の据え置き決定、量的・質的緩和を着実に推進-日銀】
日本銀行は21日の金融政策決定会合で、
政策方針の現状維持を全員一致で決めた。
日本経済は2%の物価安定目標の実現に向けた道筋を
順調にたどっているとして、量的・質的金融緩和を着実に進める構えだ。

※ブルームバーグ引用

投資家の期待を裏切り?日銀は動かず。
さらに円高に進みましたが、
深読みすると、次回こそはという期待が強まり、
日本株を買いたい衝動にかられるかもしれません。
しかし、記事にあるとおり7月の量的緩和も、
見送られる可能性はあり、
円高、株安が、ゆっくり進行すると思います。

【焦点:ドル/円取引に「嵐の前の静けさ」、ボラティリティが過去最低 】
ドル/円のボラティリティが過去最低を更新した。
市場では「円安バブル崩壊の不気味な兆候」と警戒する見方がある一方で、
投機筋を中心にリスクオンを仕掛ける「免罪符」として、
もう一段の円安シナリオを描く向きもある。
どちらの読みに軍配が上がるのか。
レンジ相場が長期化するなか、「嵐の前の静けさ」として注目が集まっている。

※ブルームバーグ引用

相場が動かなければ、その反動は、いずれくる
というのが記事の趣旨ですが、短期で為替相場を当てるのは、
博打と一緒で、ほぼ不可能です。
これだけリアルタイムに情報が全世界に発信され、
とてつもない量の取引が行われているマーケットで、
相場を読むには、並大抵の勉強量では太刀打ちできません。

【5月21日のマーケット】
140521_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1941-62614e19