こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【クルーグマン氏、世界に警告-日本的な政策停滞は普遍的現象】
ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は
欧州中央銀行(ECB)や他の中銀は、
1990年代以来据え置いているインフレ率目標の水準を
引き上げる必要があるとの考えを示した。
2%のインフレ目標は低過ぎ、
中銀の利下げ余地がなくなる
いわゆるゼロ金利制約問題のリスクを高めると指摘した。

※ブルームバーグ引用

長期のデフレに陥っている日本を研究して、
何とか、低成長から脱したのがアメリカだと思いますが、
長期デフレの入り口に立っている国は、かなり多いと思います。
しかし、考え方を変えれば、成長し続ける状態が、続くわけもなく、
いつかは、その成長が停滞するわけです。
古き良き時代をもう一度といっても、欲しいものがなければ、
人びとは、お金を使う機会を失います。
だからこそ、低成長の時代になったとき、
人びとの生活水準を落とさない、
格差社会を作らないようにするべきなのですが、
今の日銀は、逆のことをしているように見えます。

【三井不:3246億円規模の増資実施へ、不動産業界最大-投資積極化】
三井不動産 は27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。
オフィスや商業・物流施設などへの投資を今年度中に行うためとしている。
アベノミクス効果や東京五輪招致などで事業機会が拡大すると判断、
積極投資に乗り出す。

※ブルームバーグ引用

オリンピック決定後、そして、
開催後の土地価格の推移を比較できるサイトがあると
便利だと思うのですが、実質金利が低いまま、
インフレがこのまま加速するようには思えません。
もちろん、現時点で投資し、オリンピック前の
一時的な土地バブルの間に売り抜ければ話は別ですが、
今後、高齢化、人口の減少が進む日本において、
ある一定の地域以外は、土地の値上がりは期待できないと思います。

【5月27日のマーケット】
140527_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1945-e9842132