こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【5月の対米証券投資:中長期は194億ドル買い越し】
米財務省が発表した5月の対米証券投資統計によると、
外国の政府と投資家の中長期金融資産取引額は
外国人からみて194億ドルの買い越しとなった。
ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は250億ドルの買い越しだった。

※ブルームバーグ引用

注意する点は、記事の続き。
中国の米国債保有額は77億ドル増の1兆2700億ドル。
日本は104億ドル増の1兆2200億ドル。
中国でバブルが崩壊したさいに、
中国がもし、米国債を売り始めたら・・・と考えると、
連鎖的な金融危機が襲うかもしれません。
これは、最悪なシナリオですね。
日本は、まあ、米国債は売れませんが(苦笑)。

【英失業率:3-5月は6.5%、5年半ぶり低水準-景気回復強まる】
英国では3-5月の失業率 が5年半ぶり低水準に下がり、
雇用者数は過去最大に達した。景気回復の強まりが背景。
英政府統計局(ONS)が16日発表した
国際労働機関(ILO)基準の3-5月の失業率は6.5%と、
2008年10-12月以来の低水準。2-4月は6.6%だった。
3-5月の雇用者数 は25万4000人増の3060万人と、
データ集計が始まった1971年以降で最大となった。

※ブルームバーグ引用

EUはなかなか景気が良くならず、
高い失業率に悩まされていますが、
イギリスがかなり回復しています。
やはり、アメリカがけん引しているところがあって、
欧州でいえば、ソブリン債による被害が少ない国の
景気がよくなっていると思います。
また、自国で、個別の問題を抱えている国(中国、日本など)では、
景気がなかなか良くならないと思います。

【7月16日のマーケット】
140716_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1981-03d2f206