こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【藤巻氏:黒田緩和「大失敗」、マイナス金利正解-マル外で円安】
著名投資家ジョージ・ソロス氏の投資アドバイザーを務めた経歴を持つ
藤巻健史参議院議員は、日本銀行が取るべき金融政策は
異次元の量的緩和ではなく、
国内に滞留する資金を着実に海外に振り向けることのできる
マイナス金利だったとの見解を示した。

※ブルームバーグ引用

昔から円安が日本を救うと言い続けている藤巻さんですが、
これは、違うと思っています。
すでに、自動車の各メーカーしかり、
大手メーカーは、海外の拠点に工場を作り、
日本における生産力は、昔から落ちていますし、
企業からしてみたら、これから高齢化が進む日本において、
生産拠点を増やすには、リスクが高いと思います。

簡単にできるのであれば、円高にして、
海外の有望企業を日本の大企業に買ってもらい、
日本に利益を落とすのが、一番良いと思うのですが、
アメリカがやっぱり黙っていないんだろうと思います。
アメリカからの圧力もあり、日銀、日本政府が選んだ政策は、
今後も、日本の資産を目減りさせることになりそうです。
藤巻さんの「日銀緩和に出口なし」は同意見です。
いずれ金利上昇、インフレ、円安が進むことになり、
長期を見据えて資産運用を考えるのであれば、
ドル建てで金融商品を購入することが
自分の資産を守ることになると思っています。

【中国の新種の緩和策か-臆測呼ぶ人民銀の約17兆円規模の融資】
中国人民銀行(中央銀行)による政策銀行への巨額融資が、
経済成長を支えるため政策当局が採用した
新種の金融緩和ではないかとの臆測を呼んでいる。

※ブルームバーグ引用

中国での電波ジャック、
ウイグル自治区で起きているテロ、
なかなか、良いニュースを聞きませんが、
少しずつ、中国政府への不満が蓄積されているようです。
何とか、こういった点を何とかして欲しいと思います。

【8月4日のマーケット】
140804_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/1994-f9baab27