こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【消費増税は新たな下振れ要因でない、必要なら政策調整=日銀総裁】
日銀の黒田東彦総裁は16日、大阪市内で講演し、
今年4月の消費税率引き上げは以前から予定されていたものであり、
新たな景気の下振れ要因ではないと語った。
また、日銀が想定する見通しから下振れ、
2%の物価安定目標の実現に必要であれば、
ちゅうちょなく政策調整を行う考えをあらためて表明した。

※ロイター引用

有名なまとめサイトにも取り上げられていましたが、
黒田総裁のこのコメントは、確かにちょっとと思いました。
「消費増税が財政や社会保障制度の持続性に対する信認を高め、
「家計の支出行動に対するマイナスの影響をある程度減殺する力も働く」」


スウェーデンなどの福祉国家ならいざしらず、
これから高齢化が進み、膨大な赤字国債があり、
その国債を発行を止められない現状を考えると、
なかなか、消費しようという意欲にはならないでしょう。
日本の年金システムすら崩壊しつつあるなかで、
増税した後のビジョンを政治家が明確に答えられなければ、
増税後の生活が保障されない=老後の資金を貯めようとなり、
財布のひもを締めるのは、当然のことだと思います。

もちろん黒田総裁の立場から、
増税したら国民の生活は苦しくなるといった
正論は言えないだろうとも想像はつきますが、
今回の発言はないよなと思いました。

【香港株(終了):下落-H株指数、年初来の上げ消す】
香港株式相場は下落。
ハンセン中国企業株(H株)指数が年初からの上げを消した。
米連邦公開市場委員会(FOMC)の開始を控え、
8月の対中直接投資が減少したことが響いた。
午前の取引は台風の影響で中止となった。

※ブルームバーグ引用

今のマーケットが台風で止める理由は、
ほとんどないでしょう。
午前中に取引をしたくない何かしらの理由があった
と考えたほうが正しいと思います。
場が開いた後のマーケットの下落っぷりを見ると、
やっぱりおかしいですもんね。
記事にもあるとおり、中国マーケットは、
やっぱり、今年、かなり厳しいと思います。
逆にいえば、大きく下落する局面が続けば、
優良銘柄を割安で買うチャンスでもあります。

【9月16日のマーケット】
140916_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2024-5c79ff43