こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株3日ぶり反発、米住宅増加と円安で高値-全業種上げる】
東京株式相場は3営業日ぶりに反発し、
TOPIXと日経平均株価は年初来高値を更新した。
米国の新築住宅販売の増加や為替の円安を好感、
配当権利取りの買いも入り、輸送用機器や機械など
輸出関連、不動産や保険、小売株を中心に東証1部33業種は全て高い。
原油市況の続伸を材料に、鉱業株は上昇率トップ。

※ブルームバーグ引用

大きく下げた局面で、
政府の年金資金が入っているのは、
間違いないと思うのですが、
やっぱりボーダーラインは15000円を、
切らないようにするのが1つのポイントだと思います。

【アジア・太平洋株式サマリー:上海指数が大幅高-印株は下落】
中国本土の株式相場は上昇。
上海総合指数が約7週間ぶりの大幅高となった。
株式の新規口座開設数が大幅に増えたことを材料に証券株が買われた。
中信証券(CITIC証券、600030 CH)は3.4%高。
長江証券 (000783 CH)は値幅制限いっぱいの10%高。
上海と香港両証券取引所の相互注文取り次ぎ開始を控えている上に、
当局の景気刺激策で相場が上昇する中、
先週の口座開設数 は約21万7000と2年ぶりの高水準となった。

※ブルームバーグ引用

調整の上げです。
世界マーケットの上昇率から見れば、
中国マーケットの上昇率は低いほうです。
もちろん、経済がよくなければ、
本来は、上昇しないわけですが・・・
今後の先行きは、やはり、
中国政府の政策次第だと思っています。

【9月25日のマーケット】
140925_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2032-a321e48b