こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【自民・山本氏:1ドル=120円まで円安進行も-日銀緩和継続で】
自民党の山本幸三元経済産業副大臣(党税制調査会幹事)は
1ドル=110円の水準は「異常な姿とは思わない」と述べ、
日本銀行が2%の物価安定目標達成に向けた
金融緩和を続けることで1ドル=120円程度まで円安が進む可能性を指摘した。

※ブルームバーグ引用

IMFのへ発言を受けて、
日本株の下落、円高が進みましたが、
長期で見れば、紹介した記事のとおりに、
なっていくと思っています。
総理が円安に、ちょっと含みを持たした発言をしましたが、
あくまでも、リップサービス・・・。
日本人の気質からいって、一度始めた量的緩和、
円安政策を止めることは、とうぶんないはずです。

【商社業界への警戒感、潜む減損リスク-住友商の巨額損失が引き金に】
シェールガス開発投資などで
2400億円の減損損失を計上する見通しを発表した住友商事 。
損失額はアナリストの想定を上回る巨額な規模だったこともあり、
投資家ら市場関係者の間では
商社各社の資源事業での減損リスクへの警戒感が高まっている。

※ブルームバーグ引用

どの企業にも言えますが、商社であれば、
大型の投資に失敗すれば、巨額な損失をこうむります。
しかし、日本の総合商社の歴史を振り返れば、
きちんと復活していますし、
配当率が高い企業も多いです。
大きく下落するのであれば、投資を考えたい業種です。

【10月8日のマーケット】
141008_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2041-57ce34e2