こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【NY外為:ドル下落、エボラ熱の感染拡大を懸念-ユーロ上昇】
ニューヨーク外国為替市場では
ドルが主要通貨のバスケットに対して下落。
エボラ熱感染が広がり、経済に悪影響をもたらすとの懸念が背景。
ドルは週間ベースでは3週間ぶりの上昇となった。
米連邦準備制度理事会(FRB)は
来週、連邦公開市場委員会(FOMC)定例会合を開く。

※ブルームバーグ引用

中国、ヨーロッパにエボラ熱の感染が
拡大したらと思うと、気になるニュース。
「今後60日で人類とエボラの勝敗が決まる」
と発言した国連の特別代表の言葉
ないがしろにするのは、危険ということですね。
患者が増加するペースを何とか押さえてほしいです。

【首相周辺で消費増税延期が優勢、景気腰折れ懸念】
安倍晋三首相が年内に判断する消費税率10%への引き上げをめぐり、
首相周辺で1年半程度の増税延期が望ましいとの意見が
優勢になっていることが明らかになった。

※ブルームバーグ引用

日次物価指数は、総務省の発表との乖離あり。
物価の上昇に賃金の上昇がついてきていないため、
家庭の生活は苦しくなり、さらに2%の消費税の増税を考えると、
財布の紐が堅くなるのは間違いありません。
安倍首相がどのような判断をするかは、
わかりませんが、妥協案として
1年の増税延期はあると思います。
ただし、その決定を受けて、マーケットがどう動くかは、
ちょっと予想がつきません。

【10月24日のマーケット】
141026_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2053-b446dbfd