こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【高まる追加緩和期待と日銀への不信感、強気姿勢は賞味期限切れの声も】
日本経済が既に景気後退局面に入ったとの見方が浮上し、
世界経済の先行き不透明感も強まる中、追加緩和期待が徐々に高まっている。
日本銀行は2%の物価目標の達成に向けて強気な姿勢を維持するとみられているが、
エコノミストの間ではそうした姿勢に対する不信感も強まっている。

※ブルームバーグ引用

ここで更なる金融緩和を日銀が行っても、
円安、やや株高が進むだけです。
すでに円安にしたところで、株が大きく上がらないことはわかりましたから、
進むのは円安だけです。
経済界からも行き過ぎた円安という言葉がでてきており、
日銀は、これから難しい舵取りを強いられます。

【アジア・太平洋株式サマリー:上海総合指数5日続落-印株反落】
中国本土の株式相場は5営業日続落。
上海総合指数が今年最も長期の下げとなった。
香港、上海両証券取引所の接続開始の遅れで
株式への需要が後退するとの懸念が広がった。

※ブルームバーグ引用

まだバブルが崩壊していない中国は、
今の状況でも株高と言っても良いと思います。
何とか、上値を保っていますが、微妙なバランスの中、
マーケットが成り立っているのが何となくわかります。

【10月27日のマーケット】
141027_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2054-c8b023d4