こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株反発、米消費統計と円安で全業種上げ-野村HDが高い】
東京株式相場は反発。
米国の消費者信頼感指数の好調、
為替の円安推移で買い安心感が広がり、
電機など輸出関連、鉄鋼など素材関連、
鉱業や商社など資源株中心に東証1部33業種は全て高い。
国内好決算銘柄への評価も相場を押し上げ、
野村ホールディングス やオムロン が買われた。

※ブルームバーグ引用

先週と、今週と、外国人投資家の動向は、
トータルでプラスマイナスなのですが、
よくあそこまで、下がった日経平均が
持ち直していると思います。
日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が
どのくらい買っているのか、ぜひ知りたいです。

【短期市場がエコノミストに異論、米利上げ開始時期で】
最近の世界経済や政治の波乱を目にした投資家は、
連邦公開市場委員会(FOMC)が2015年半ばに利上げを開始するという
FOMCメンバーの見通しと大部分の民間エコノミストらの予想を疑問視し始めた。

※ブルームバーグ引用

FOMCの発表を受けて、
一時的に進んでいた円高が、
また円安に戻りつつあります。
株価の下落によって円高にふれることはあっても、
アメリカの政策が量的緩和の終了、利上げとなれば、
長期で見れば、やはり円安がさらに進むと思います。

【10月29日のマーケット】
141029_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2056-61140d6a