こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米石油業界、よみがえる1986年の原油急落の記憶-価格競争で】
米国の石油生産会社が前回、
サウジアラビアが主導する価格競争に巻き込まれた際には、
米国にとって惨めな結果に終わった。

※ブルームバーグ引用

OPEGが減産に踏み切らず、
原油価格が着々と値下がりを続けています。
リーマンショックの時は30ドル台まで下がったこともあり、
まだ、値下がり傾向が続くと思います。
チャートを見ると10年前の平均価格は30ドル。
金融商品の位置づけもあるので何とも言えませんが、
長期で見れば、70ドル台は、まだまだ高いのかもしれません。

【中国株:上海総合指数が11年8月以来の高値、金融株高い】
26日の中国株式市場で上海総合指数が5営業日続伸。
利下げで利益が押し上げられるとの観測から金融株が上昇したほか、
投資増強見通しを背景に鉄道・インフラ関連銘柄も買われた。

※ブルームバーグ引用

利下げから順調に株価を上昇させている
中国マーケットですが、利下げの効果が出てくるかどうかは、
もちろん未知数です。
何だかんだで不動産バブルも弾けていませんが、
中国政府当局が裏で懸命にコントロールしているのが、
現状だと思います。

【11月26日のマーケット】
141126_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2076-1ceaea2b