こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀総裁:原油下落に対応したものではない-追加緩和】
日本銀行の黒田東彦総裁は25日午後、都内で講演し、
10月末に行った追加緩和について
「原油価格が下がったことそのものに対応したものではない」と述べるとともに、
デフレマインドの転換という観点から、追加緩和は「その役割を果たした」と語った。

※ブルームバーグ引用

今更ながら、10月末に行った日銀の金融緩和は、
消費税の増税を実施するために、
政府を後押しした日銀の心遣いだったと思うのですが、
消費税の増税を先延ばし、選挙を実施した安倍政権は、
日銀の梯子を外した結果になったと思います。

役人は、こういったことに敏感ですから、
日銀が黙々と2%の物価上昇を実現するために、
今後も日銀の金融緩和を続けるはずです。
2%を達した後は、政府に丸投げ、
その後、インフレ、円安が止まらなくなったとき、
日銀がどのような行動に出るか?
そして、景気が悪くても安倍総理は、
次回の消費税の増税は、実施されます。
さらに景気が悪くなり物価が上昇・・・
現在は、危険なスパイラルの入り口だと思っています。

【長期金利は過去最低更新、需給良好で-2年債入札は初のマイナス金利】
債券相場は上昇。長期金利は過去最低水準を更新した。
日本銀行の国債買い入れによる需給の良さに加え、
2年債入札で落札利回りが初のマイナスとなるなど
順調な結果だったことが買い安心感につながっている。

※ブルームバーグ引用

ここまで金利が下がると、
たくさん借金をして不動産を購入するのも
ありかもしれないと、思ってしまいます。
しかし、これから少子高齢化が
ますます進む日本において、
不動産投資は、相当勉強しないと難しいと思います。
不動産投資の一番のポイントは
「不動産は一にも、二にもロケーション」と
邱永漢さんが言っていましたが、若い人が集まる
原宿や表参道、渋谷、青山のような場所の
不動産を購入が必要だと思います。

スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2096-c5300eed