こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【欧州株:7年ぶり高値から反落-ギリシャ総選挙で反緊縮派勝利】
26日午前の欧州株式相場は反落。
前日のギリシャ総選挙で、救済条件の見直しを公約に掲げた
急進左派連合(SYRIZA)が大勝したことが背景にある。
指標のストックス欧州600指数は前週末に
7年ぶり高値を付け、週間ベースで3年ぶりの大幅高となっていた。

※ブルームバーグ引用

EUからの脱退を
ギリシャが選択するかはわかりませんが、
やっぱりギリシャ国民は初期の痛みは
少ない方を選択したようです。
しかし、モルヒネで痛みを散らしている間に、
症状は悪化、手術は時間が経てばたつほど
難しくなっていくのですが、大丈夫でしょうか。
もちろん、私たちが住んでいる日本にも
同じことが言えます。

【ユーロが対ドル11年ぶり安値圏、ギリシャ総選挙で反緊縮派圧】
東京外国為替市場ではユーロが対ドルで
約11年ぶりの安値圏で推移。
ギリシャ総選挙で緊縮反対派の野党勢力が圧勝したことを受けて、
ユーロ圏の先行き不透明感を背景とした売り圧力が根強い。

※ブルームバーグ引用

日銀が量的緩和を実施して、
円が大きく下落したのを考えると、
これから量的緩和を実施するECBの動きを受けて、
ユーロが下落していく可能性は高いです。
チャートを見ると、すでに大きく下げており、
やや戻り基調にありますが、下値を更新していくと思います。

【1月26日のマーケット】
150126_02



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2113-a01b0cca