こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日銀の追加緩和は逆効果、10月緩和は消費者マインドに悪影響】
現時点で一段の追加緩和を行うことは
日本経済にとってむしろ逆効果になるとの見方が日本銀行内で浮上している。
関係者への取材によると、足元で輸出と生産が持ち直しており、
原油価格の下落、消費増税の先送り、
政府の経済対策などにより、日銀は景気の先行きに自信を深めている。

※ブルームバーグ引用

モルヒネを打っている間に、
身体がよくなれば良いですが、
なかなか良くならず、モルヒネの量を増やせば、
モルヒネそのものが毒になって身体に作用します。
アメリカは何とか身体が良くなったようですが、
日本については、まだまだ結果が出るまで時間がかかります。
願わくば、身体が良くなることを願いたいです。

【ロシア・ルーブル乱高下、株と国債は上昇-ウクライナ停戦合意】
12日のロシア金融市場では
通貨ルーブルが乱高下し、方向が定まらない。
プーチン大統領がウクライナ停戦合意を発表し、
株と国債は上昇している。

※ブルームバーグ引用

停戦合意が守られればいいのですが、
ルーブルの乱高下を見る限り、
その決定が守られるのかと、人々は見ているのはないかと思います。
原油の下落、ここで止まれば良いのですが、
また下落が続くようであれば、
ロシアは、ウクライナの攻撃を再開すると思います。

【2月12日のマーケット】
150212_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2126-34e000d4