こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株反落、米利上げ薄れ円高推移-過熱も、輸出や陸運下げ】
25日の東京株式相場は反落。
米国の早期利上げ観測の後退で為替がやや円高方向で推移、
テクニカルでみた過熱感も嫌気され、
機械やゴム製品など輸出関連株の一角、前日買われた
ガラス・土石製品株のほか、陸運株も安い。
半面、世界的な流動性相場の継続期待などで
銀行株は終日堅調、株価指数の下げ幅は限られた。

※ブルームバーグ引用

といっても、ほんの少しの反落。
アメリカの利上げは6月以降という
マーケットにとって、若干マイナスの情報でも、
すでに織り込み済みという感じです。
マーケットも、まだまだ上昇するという
楽観的な見通しが増えている中で、
さらに、そういった見通しが強くなるのでしょうか?

【独5年債入札、落札利回りが初のマイナス-ECB国債購入控え】
ドイツ政府が25日実施した国債入札で、
5年物の落札利回りが初のマイナスとなった。
欧州中央銀行(ECB)による
ソブリン債購入開始を来月に控え、投資家需要が強まった。

※ブルームバーグ引用

マーケットが堅調でも、
債券のほうでは、かなりひずみが出てきています。
日本国債も最近、値動きが激しいですが、
EU各国も財政が良い国の国債が買われ、
ドイツの国債は、マイナス金利。
記事にある通り、ECBが量的緩和を実施すると、
マーケットがどのように動くか、
アメリカと日本がたどった道が参考になります。

【2月25日のマーケット】
150225_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2135-23badf39