こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【NY連銀総裁:初回利上げ後の金融引き締め、「低い」軌道に】
ニューヨーク連銀のダドリー総裁は6日、
初回利上げ後の金融引き締めの軌道は
「低い」ものになりそうだと述べ、
経済に現在みられる弱さは主に一時的な状況によるものだと指摘した。

※ブルームバーグ引用

アメリカは金利引き上げに向けて、
その衝撃を緩和させるために、
上記のような発言が多くなると思います。
雇用統計の結果は、悪かったですが、
年内に利上げする確率は、かなり高いと思います。

【「グリーンスパンの謎」再燃、FRBと債券市場の見解対立】
米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを準備する中で、
グリーンスパン議長時代に経験した債券市場の謎に再び直面している。
ニューヨーク連銀のダドリー総裁ら政策担当者は、
米経済が回復しているのに米国債利回りが
上昇しないはどこかおかしいとの認識を示唆。
一方トレーダーらは、長期国債利回りが低水準にとどまることができない、
あるいは今後とどまらない理由はほとんどないとの見方を示す。

※ブルームバーグ引用

景気が良くなれば、
国債の利回りも上昇するはずですが、
なかなか金利が上昇しないことに、
戸惑っているようです。
利上げの上昇率も低いですし、
それほど、金利が上昇するとは思えないと、
マーケットが判断しているのかもしれません。
しかし、何がきっかけで、国債の金利が上昇するか、
わかりませんが、行き過ぎたねじれは、
どこかで戻ろうとするはずです。

【4月6日のマーケット】
150406_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2163-7e6c2015