こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【米国株:下落、世界的に株売りの流れ-アメックスが安い】
17日の米株式相場は世界的な
株売りの流れを引き継ぐ形で下落、
ここ3週間で最大の下げとなった。
経済指標でインフレ加速の兆候が示されたことや、
中国での証券会社に対する規制強化が嫌気された。
アメリカン・エキスプレス(アメックス)が安い。

※ブルームバーグ引用

アメリカ株がかなり下落したことで、
来週のマーケットの動きが気になりますが、
下げるのであれば、ゆっくり下げてほしいです。
特にDOWは、リーマンショック以降、
右肩上がりだったこともあり、投資家の心理が
弱気になると、売りが売りを呼ぶことになり注意が必要です。

【ブルームバーグでシステム障害、世界に「前例なき」影響】
米大手情報会社、ブルームバーグの取引システムに17日、障害が発生し、
世界金融市場で広範な影響が出た。
英国債入札が延期されたほか、欧州株式市場のボラティリティーが高まった。

※ロイター引用

そして、ブルームバーグのシステム障害が、
下落を後押しした感もあります。
自然災害もそうですが、人々が構築したシステムにも、
障害がでるのは、防ぎようがありません。

【中国人民銀行、預金準備率を引き下げ-景気刺激で追加緩和】
中国人民銀行(中央銀行)は19日、
市中銀行に求める預金準備率の引き下げを発表した。
預金準備率引き下げはここ3カ月間で2度目。
李克強首相は経済成長の押し上げが必要なら
行動を取ると公約しており、景気刺激で追加措置が取られた。

※ブルームバーグ引用

この発表と、アメリカマーケットの下落、
どちらがマーケットに影響を与えるか・・・。
中国マーケットの上昇が一時的なものなのか、
これからさらに上昇していくか、
中国政府の力の入れようを見ると、
一時的に下落しても、何となく上向くような気がします。

【4月17日のマーケット】
150417_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2172-6a28cf00