こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日経平均2万円回復、過剰流動性や業績・変革期待-金融強い】
22日の東京株式相場は続伸し、
日経平均株価は終値で15年ぶりに2万円を回復。
世界的な金融緩和による景気の下支えや為替安定、
日本企業の業績・変革を見込む買いが幅広く入った。
銀行中心に金融株が強く、株高を受け証券・商品先物取引は業種別上昇率でトップ。
不動産、電力、建設など相対的に内需関連株が高い。

※ブルームバーグ引用

とうとう日経平均は2万円を突破。
気になるのは、外国人投資家が購入せずに、
国の資金が、株高を支えているということと、
5月に向けて、ヘッジファンドの
利益確定の売りが出てくることです。
一時的な2万円越えにならなければと思います。

【黒田異次元緩和の出口は「悪夢」、泥沼の累積債務で-内海元財務官】
「出口はまだ考える段階ではないというより、考えること自体が悪夢だ」-。
内海孚元財務官は日本銀行の異次元金融緩和からの
出口戦略についてこう指摘する。
巨額の国債購入で膨らんだ日本銀行のバランスシートを
民間部門が円滑に吸収する可能性は低いとみている。

※ブルームバーグ引用

さらなる追加の量的緩和が、
たぶん実施されると思うのですが、
かなり先の話にはなるとはいえ、
購入した国債を売るときがくるわけです。
まずは、アメリカのお手並み拝見ですが、
その結果が、悲惨だった場合、
日本は、さらに、厳しい結果を招くことになると思います。

【4月22日のマーケット】
150422_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2175-cae432d4