こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株と長期金利はバブル後以来の逆相関、過去は株価急落が多発】
日本銀行の黒田東彦総裁が進める異次元金融緩和の下で、
本来なら景気や物価の強弱に応じて同じ方向に動くはずの
株価と長期金利がバブル崩壊後の1992年7月以来となる逆行状態に陥っている。
過去に日本株が急落する前に表れた現象だ。

※ブルームバーグ引用

記事に、今回の書いては日銀だから、
そう大きくは下がらないと書いてありますが、
投資家が大きく売り越したら、
いくら日銀でも、買い支えるのは難しいのではないでしょうか。
今が高い水準かどうかは、もちろん判断するのは、
難しいですが、いろいろな指標が警告を出しているときは、
無理して投資せず、下落してから買っても遅くはありません。

【世界の金需要、1-3月は減少-株式相場の活況に関心向く】
中国の株高や6年にわたる
米株の強気相場を受け、金需要が後退している。
業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が
14日発表したリポートによれば、
1-3月(第1四半期)の宝飾品と金貨、
延べ棒の世界需要は前年同期比5%減少した。

※ブルームバーグ引用

株価が下落した時に金の価格もいっしょに下がるのか、
それとも逆に上がるのかが、まったく読めません。
安全な資産を求めて金を買いに来るのか、
逆に金の需要が減少し、金の価格が下がるのか、
個人的には、投資への意欲が減って、
現金を保有する率が高くなると思います。

【5月14日のマーケット】
150514_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2190-05029c5f