こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ドル相場の行方、FOMC次第か-変動さらに激しくなる公算】
ドルの強気派と弱気派は、
来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)が
相場の方向を決定づけるのとの見方で一致している。

※ブルームバーグ引用

記事にある通り、FOMCが強気にでれば、
ドルの上昇余地は10%、現在の円が120円台ですが、
130円から140円をつけることになります。
早ければ、9月にアメリカは利上げにふみきるかもしれませんが、
来週のFOMCの発表後、為替が大きく動くかもしれません。

【中国株:上海総合指数、2週連続の上昇-追加緩和への期待で】
12日の中国株式市場では、上海総合指数 が上昇。
週間ベースでも2週連続高となった。
相次ぐ新株発行で既存株から資金が流出するとの懸念はあるものの、
追加の金融刺激策が講じられるとの観測の方が材料視された。

※ブルームバーグ引用

相変わらず上下が激しい中国株、
特に上海A株は、右肩上がりが続いてるだけに、
下落したときに、元に戻るのか、戻らないのか、
株を保有している人は、ハラハラする展開だと思います。
特に中国の経済指標がぱっとしないだけに、
いつバブルが崩れてもおかしくないと思っています。

【6月12日のマーケット】
150614



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2211-09b6d8f3