こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ギリシャ首相、ユーロ圏に新たな救済プログラムを要請】
ギリシャは30日、ユーロ圏から新たな
2年間の救済を受けるべくプログラムの設定を要請した。
同国の財政破綻は目前に迫っている。
チプラス首相は欧州安定化メカニズム(ESM)からの支援を
要請したと、首相府が発表した。声明によると、
プログラムは今後2年間の同国の資金ニーズを満たす規模で、債務再編を含む。

※ブルームバーグ引用

正直、長期で考えれば、ギリシャにとっては、
もう破たんさせた方が良いと思います。
ここで支援をしてしますと、また同じことの繰り返しです。
破綻するのはしょうがないとしても、
何とかEUの脱退を回避できれば、
良いのではないでしょうか。
ただ、ギリシャが破綻すると、その流れに乗って、
デフォルトの危機に陥るような国、
スペインやポルトガルなどが控えています。

【日本株4日ぶり反発、業績期待の小売買い-ギリシャ警戒続く】
30日の東京株式相場は4営業日ぶりに反発。
債務不履行(デフォルト)の危機が迫るギリシャへの警戒が続く中、
好業績観測の広がったイオン など小売株が買われた。
サービスや医薬品、情報・通信など
相対的に内需セクターが上げ、原油続落が
燃油コスト低下につながるとみられた空運株も高い。

※ブルームバーグ引用

アメリカ株は下落しました、
日本株も中国株も今日は何とかふんばり反発へ。
しかし、予断は許さない状況が続きます。
最初に紹介した通り、ギリシャは何とかECBと
対話をしようという姿勢を、今になって見せてきましたが、
ちょっと遅かった気がします。
まずは、国民投票が実施されるかしないかが
今後のポイントになってきます。

【6月30日のマーケット】
150630_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2223-93bfaf82