こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株:上海総合が09年以来の大幅上昇-600銘柄がストップ高】
9日の中国株式市場で、
上海総合指数 は2009年以来の大幅高で終了した。
当局が投資家の信頼回復に向けた措置を矢継ぎ早に打ち出した。
上海総合指数 は前日比5.8%高の3709.33で引けた。
一時は3.8%安まで下げる場面もあり、値動きが荒かった。
同指数構成銘柄のうち約600銘柄が1営業日の値幅制限いっぱいの10%高となった。
この日の本土市場では1439銘柄、上場銘柄全体の50%の売買が停止された。
CSI300指数は前日比6.4%高。

※ブルームバーグ引用

中国株は大きく反発、
まだ下げ足りないとは思っていますが、
よく上昇してくれたと、中国政府は、安堵しているかもしれません。
しかし、いまだ本土市場の50%の銘柄が
売買停止という異常事態が続いています。
まず、この状態が解除されないと、いくら上昇、下落しても
中国株を買いに行くことはできません。
まずは、明日、今日より値下がりしないかどうかです。

【ドラギECB総裁:ギリシャ危機の解決、今回は本当に難しい】
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、
ギリシャ債務危機の解決が困難さを増している状況を示唆した。
ECBがギリシャの銀行向け緊急流動性支援(ELA)の
上限据え置きを決める数時間前に発言した。

※ブルームバーグ引用

中国の株価暴落に注目が行っていますが、
ギリシャのほうも忘れずに。
やはり、ギリシャの支援はあっても限定的なものになるか、
ギリシャの支援が打ち切られるか、難しい結果になりそうです。
しばらくは、中国、ギリシャの動向により、
安全資産を求めて円が買われる展開が続くかもしれません。

【7月9日のマーケット】
150709_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2230-1d4560e3