こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株:上海総合、4日ぶり下落-GDP統計前に値動き荒く】
14日の中国株式相場は下落。
上海総合指数が4営業日ぶりに下げた。
15日発表の4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)統計が
成長鈍化を示すと予想されており、
最近の株高は行き過ぎとの懸念が広がった。

※ブルームバーグ引用

大きく下落、そして持ち直して、下落。
よって、ここからが勝負です。
ギリシャの動きが、まだ気になりますが、
アメリカが金利を引き上げるまでは、
それほど、地合いは悪くないはずです。
ここから中国政府が悪いニュースを
そのまま報道できるかと考えると、それはしにくい。
以前に書いた通り、日本と同じように、下落しても、
何とかマーケットを中国政府は買い支えると思っています。

【米小売売上高:6月は予想外の0.3%減-幅広い項目でマイナス】
6月の米小売売上高は市場の予想外に減少した。
米商務省が14日発表した6月の小売売上高 (速報値)は前月比0.3%減。
ブルームバーグがまとめたエコノミスト82人の
予想の中央値は0.3%増だった。
前月は1%増(速報値1.2%増)に下方修正された。

※ブルームバーグ引用

ひさしぶりに、アメリカの統計情報で、
マイナスの情報が出てきましたが、
それほど、気にすることはないと思います。
今のところ、年内に利上げを実施する可能性は、
かなり高いと思っています。

【7月14日のマーケット】
150714_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2233-1f3175cb