こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【7月米雇用者数:21万5000人増-失業率と労働参加率は横ばい】
7月の米雇用統計では、早ければ9月の利上げ開始に向けて
準備を進める金融当局が望むような形で労働市場が改善していることが示された。
米労働省の7日発表によると、7月の非農業部門雇用者数
(事業所調査、季節調整済み)は前月比21万5000人増となった。
ブルームバーグがエコノミスト予想の中央値は22万5000人増だった。
前月は23万1000人増(速報値22万3000人増)に上方修正された。

※ブルームバーグ引用

エコノミストの予想は下回ったものの、
雇用統計は増加。
年内の利上げは、ほぼ確実だと思っていますが、
9月の利上げは微妙かもしれません。
アメリカが利上げを実施すれば、
円安が進むとは、思っているのですが、
利上げ期待で、円売りのポジションを持っている方が、
利確によって、一時的に円高に進む可能性もでてきます。

【中国:7月の輸出は予想より大幅減、外需不振や元高が足かせ】
中国の輸出は7月に市場予想より大幅に減少した。
人民元高や欧州連合(EU)からの需要減少が足かせとなった。
李克強首相に経済成長の安定化を求める圧力が一段と強まりそうだ。

※ブルームバーグ引用

この結果を受けて、
月曜日の中国マーケットは荒れそうです。
実体経済と、株価の差が広がれば、
どこかで、その差を埋める必要がでてきます。
今年、急激に上昇した本土のマーケットは、
やはりもう少し調整されてもおかしくない水準だと思います。

【8月7日のマーケット】
150809_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2251-db92bcd9