こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【バフェット指標が警告、日本株は割高-時価総額の対GDP比】
米オマハの賢人、ウォーレン・バフェット氏が
株価を評価する上で注目している指標のひとつでは、
日本株は既に割高とのシグナルが点灯している。
4-6月期の国内総生産(GDP )は3期ぶりの
マイナス成長となったが、株価は堅調を維持している。

※ブルームバーグ引用

人口の減少と高齢化が進めば、
国のGDPが下がるのはしかたがありません。
日本政府にとってもGDPの結果は、とても重要な指標ですが、
経済成長には、こだわらず、どうやって今後進む、
人口の減少と高齢化に対処するかを考えるべきだと思います。
お金を刷りまくりインフレを引き起こし、一時的に指標を良くしたところで、
そのツケはまわってくるわけですが、長期の視点で、
日本の経済を良くする方法を考えるべきです。
正直、今、政府が実施するのは景気を良くすることではなく、
いかに少子化に歯止めをかけるかということだと思います。
高齢者の投票率が高いので、今の日本の政策は、
残念ながら、高齢者が優遇される政策がすすめられていると思います。

【円はこれ以上は下がらない-オプショントレーダーらの見方】
円は年内ドルに対してこれ以上下がらない-。
米当局は利上げに向かっているが、
オプションのトレーダーらはこのようにみているようだ。
主要通貨の中で、今後3カ月のドルに対する値上がりをヘッジする
オプションの価格が値下がりに備える
オプションより高い通貨は円のみだ。

※ブルームバーグ引用

現在の円の価格がアメリカの金利引き上げを
見込んだ数字であれば、アメリカが金利を引き上げた後、
一時的に円高にふれる可能性はあります。
ただし、今までの政府や日銀の黒田総裁の発言を見る限り、
日本マーケットの下落、円高が極端に進んだ場合、
もう一段階の量的緩和を実施すると思っています。
もちろん、そのツケは日本国民に回ってくるわけですが、
何だかんだで、私は円高の方が良かったと思っています。

【8月19日のマーケット】
150819_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2258-60ff4bd0