こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株は暴落、世界景気懸念-TOPIXは2年ぶり下落率】
24日の東京株式相場は暴落。
5営業日続落し、TOPIXは約2年3カ月ぶりの下落率を記録した。
世界経済の先行きに対する懸念が強いなか、
中国株も連日の大幅安となり、午後に下げが加速した。
銀行などの金融株や不動産株の下げが目立ち、
東証1部33業種は全て下落。
値下がり銘柄数は全体の99%を超え全面安となった。

※ブルームバーグ引用

金曜日のアメリカマーケットの下落を受けて、
日本マーケットは、マーケット開始時は大きく下落し、
いずれ戻ると思ったのですが、結局金曜日と同じくらいの
金曜日より、さらに下げることになりました。
そして、本日のアメリカマーケットは、
世界株安の流れを受けて、オープンすると1000ドルの暴落、
円高も一気に進行、115円台をつけ、
今は戻してますが、どこまで戻るかがポイントです。
為替も株も、ポジションを持っていなくて良かったというのが本音です。

【米株安的中させたラムジー氏、下げ続くと予想-S&P20%安も】
株式相場の振幅やバリュエーション(株価評価)、
投資家心理に関するクオンツ分析で
先週の米国株の急落を予想していたダグ・ラムジー氏によると、
米株の下げは続く見通しだ。

※ブルームバーグ引用

マーケットのトレンド、先週の後半から変わり、
投資家心理も売りが強くなっています。
今日のアメリカマーケットの値動きを見ると、
冷静な投資家は、きちっと下がり過ぎたところで、
買い戻しをしていますが、ここから上がらなくなった後、
どう動くかがポイントです。
気になっているのは、アメリカがここで踏ん張っても、
中国マーケットが下落すれば、その下落に、
世界のマーケットが引きずられるということで、
長期でいれば、まだ下落が続くと思っています。

ただし、注意すべきは各国がこの株価の下落を受けて、
どのような対応をとってくるかです。
まさかとは思いますが、利上げが間近といわれていた
アメリカでQE4が実施、日本で量的緩和をさらに実施、
というニュースが出てくる可能性はゼロではありません。
日銀は特に為替が円高に急激に進んでいるので、
黒田総裁が動く可能性はあると思っています。

【8月24日のマーケット】
150824_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2261-669bb974