こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株式市場の調整はほぼ終了-人民銀総裁が見解】
中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は5日、
時価総額で5兆ドル(約600兆円)を失った
同国の株式相場について、
株価の大幅下落が終わりに近づいているとの認識を明らかにした。
アンカラでの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の
終了後の声明が人民銀のウェブサイトに掲載された。

※ブルームバーグ引用

まずは月曜日に、中国マーケットが
どう動くかが気になるところですが、
金曜日の日本、アメリカの動きを観ている限りでは、
期待はできないと思っています。
何よりも中国マーケットは、
空売り規制や、一部銘柄の売買停止など、健全化されていません。
こういった政府の規制が解除されまでは、
急いで中国株を買わなくてもと思っています。

【米国株(4日):下落、雇用統計で金融政策の手掛かりつかめず】
4日の米株式相場は下落。
世界市場の変動が激しく、景気の強さをめぐる懸念が強まる中、
8月の米雇用統計は金利の方向性をはっきり示す結果にはならず、
安心感につながらなかった。

※ブルームバーグ引用

負もなく可もなくといった雇用統計を受けて、
アメリカマーケットは、結局下落。
マーケットが大きく上下を繰り返す中で、
なかなか安心して投資できる環境では、
なくなっているのかもしれません。
そして、世界が注目する利上げですが、
これも微妙になってきたと思っています。
そろそろこの時点でやっておかないと・・・
というのが関係者たちの思惑だと思うのですが、
今月の中国マーケットがどう動くかが、
やっぱり一番のポイントになると思っています。

【9月4日のマーケット】
お休みです



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2270-3f7daae3