こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日経平均7カ月ぶり安値、国内と中国景気懸念-年初来下落に】
8日の東京株式相場は大幅反落。
7カ月ぶり安値を更新した日経平均株価は、
年初来のパフォーマンスがマイナスに転落した。
4-6月期国内総生産(GDP )の改定値で在庫の増加、
設備投資の低調を確認し、中国の輸出の落ち込みも嫌気された。
医薬品や食料品、小売、陸運など内需セクター中心に幅広く安い。

※ブルームバーグ引用

昨年末の終値より下落したということで、
ヤフーのトップニュースになっていますが、
海外の投資家の売りに、国内の投資家の買いが、
追いついていないようです。
つまり海外投資家が売っていて、国内投資家が、
買い支えているようです。
週明けの中国マーケットがかなり上昇したのにも関わらず、
日本株が下落したことが、あまり良い印象を与えていないようです。

【大西洋地域からの原油供給、高水準に-価格下押し圧力強まる可能性】
北海とナイジェリアの10月の原油出荷が
約3年ぶりの高水準に達する見通しだ。
定期修理に伴って製油所の操業が停止され需要が後退する中、
原油価格にさらなる下押し圧力がかかりそうだ。

※ブルームバーグ引用

株価の下落とともに今年の最安値をつけた原油ですが、
マーケットの上昇とともに、やや値を戻しています。
しかし、実際の原油の需要供給だけをチェックしてみると、
マーケットが下落しなくても、原油があまる状況が続きそうです。
そして、さらにマーケットが下落するようなことがあれば、
さらに原油価格は、下落することになります。

【9月8日のマーケット】
150908_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2272-9ba7bda8