こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【ドルにとっても今週はヤマ場-トレーダーは危機ポジションを解消か】
為替トレーダーらは8月の狂乱から気を取り直しつつあり、
米連邦準備制度の政策担当者が
2006年以来となる利上げを検討する中で、
グローバル市場が落ち着きを取り戻している様子が示されている。

※ブルームバーグ引用

利上げはおそらく見送られる可能性が高いと、
マーケットは考えているようです。
個人的には、ここでほんの少しでも上げといたほうが、
その後のマーケットの影響を和らげることが
できると思っています。

【日本株のボラティリティが上海株上回る、ことし初-歴史的急騰の9日】
乱高下の続く日本株のボラティリティ(変動率)が、
世界的株安の震源地だった中国上海株のボラティリティをことし初めて上回った。
グローバル投資家がリスク資産の圧縮に動いたのは、
中国経済・金融市場への懸念と米国の利上げ時期に対する不透明感が強まったため。
特に日本は年初からの上昇率が目立っていた分、
利益確定、仕掛けて的な売り圧力にさらされている。

※ブルームバーグ引用

確かに先週の日本マーケットの上下は、大きかったです。
11月4日に郵政グループ3社の上場が決まったことから、
それらの銘柄を購入するために、日本マーケットは、
売りの圧力がかかってくると思います。
まずは、郵政の上場までに8月に起きたような、
大きな下落が起きなければと思います。

【9月11日のマーケット】
150913_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2275-2e76e7d5