こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株は3日ぶり大幅反発、米統計堅調とリスク回避一服-全業種高い】
30日の東京株式相場は3営業日ぶりに大幅反発。
米国経済統計の堅調が好感されたほか、
資源価格や関連企業株価の反発、為替の円高一服を通じ
リスク資産に対する警戒感も和らいだ。
前日急落した反動も加わり、輸送用機器など輸出関連、
その他金融や保険など金融株、
化学や小売株など東証1部33業種は全て高い。

※ブルームバーグ引用

下げが続いていた後の反発です。
問題は、ここから上がるのか、下がるのか
ということだと思うのですが、
日銀が追加の量的緩和を実施しないかぎり、
下落基調が続くような気がします。
もちろん、ここで量的緩和をしたところで、
一時的に株価が上昇しても、また戻ってしまうと思いますが。

【中国株:上海総合指数、上昇-四半期ベースでは08年以来の大幅安】
30日の中国株式市場で、上海総合指数は上昇。
ただ、四半期ベースでは2008年以来の大幅な値下がりとなった。
時価総額5兆ドル(約600兆円)相当が吹き飛んだ株価下落を
食い止めようと政府は躍起で、中国経済の減速が進む兆しが示されている。

※ブルームバーグ引用

それでも3000の値をつけているわけで、
急激に上昇した反動を考えれば、
2000まで下がってもおかしくないと思っています。
逆に本土の下落を受けて、かなり香港株が下がっています。
価格的には、もうこれ以上下がらないと思っても、
まだ下がり続けているのが香港マーケットです。
どこで下げ止まるかは、わかりませんが、
本土株が下落すれば、つれ下げするのは間違いありません。

【9月30日のマーケット】
150930_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2287-8523297e