こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【9月米雇用者数:予想下回る14.2万人増-失業率横ばい】
9月の米雇用者数の伸びは市場予想を下回り、
賃金は伸び悩んだ。
また失業率は、労働市場からの退出者が増える中で前月と同水準。
米労働省が2日発表した非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
前月比14万2000人増。
ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万1000人増だった。
前月は13万6000人増に下方修正(速報値17万3000人増)された。

※ブルームバーグ引用

アメリカの9月の雇用統計は悪化、
それを受けて、マーケットも下落すると思ったのですが、
マーケットはプラスで引けました。
一時的に悪化したと思っているのですが、
中国マーケットの暴落がなければ、
年内の利上げは、行うのではないでしょうか。
気になるのは、月曜日、中国、日本のマーケットが、
どちら側に動くのか、なかなか予想がつかないことです。
本土株については、7日から売買が開始ですが、
中国マーケットに関して言えば、
それまでに大きな動きはないはずです。

【フィッシャーFRB副議長:米経済に明白なバブルはほとんどない】
米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は、
米国では金融バブルが発生する
差し迫ったリスクはないとの認識を示した。
一方でバブルが発生した場合、
対応するための金融当局の政策ツールは限られており、
試されていないと懸念を表明した。

※ブルームバーグ引用

記事のとおりであればいいですが、
例えばブルであっても、
FRB副議長が「バブルである」なんて発言はできません。
アメリカが量的緩和を実施してから、
DOWは、ほぼ右肩上がり、
もうそろそろ、調整してもおかしくないというのが、
投資家の本音ではないでしょうか。

【10月2日のマーケット】
151004_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2289-d26a1d9c