こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【モルガン・スタンレーの疑問、米国は「QE4」を避けられるのか】
年初めにはほとんど誰もが、
米金融当局が年内に利上げをすると考えていた。
ところが年の終わりに近づいている今は様変わりし、
モルガン・スタンレーによれば
量的緩和(QE)再開までささやかれ始めている。

※ブルームバーグ引用

まさか、これはないとは思いますが、
中国マーケットの暴落につづいて、
前回のように世界中のマーケットが下落すれば、
各政府の中央銀行は、マーケットを支えるしかありません。
すでに、景気を良くするために、
量的緩和を実施している国が多くあるわけですが、
どちらにしても、そのツケを、どこかで払う必要がでてきます。

【日本株は7日ぶり反落、小売など内需安い-下期不透明感と連騰反動】
8日の東京株式相場は7営業日ぶりに反落。
決算を受けたイオンなど小売株を中心に、
食料品や医薬品、サービス株など内需セクターが売られ、空運株も安い。
上期業績の好調は新鮮味がないと受け止められたほか、
前日まで6連騰した反動、株価指数オプション10月限の
特別清算値(SQ)算出をあすに控え、持ち高整理の売りも出やすかった。

※ブルームバーグ引用

言われてみて、6連騰していたことに驚きです。
おそらく政府は、郵政の3企業が上場するまで、
マーケットの大きな下落は、何とか食い止めたいと思っているはずです。
昔のNTT株の上場を思い出しますが、
配当も高いようなので、おこずかい程度で、
購入しみるのはありかなと思っています。

【10月8日のマーケット】
151008_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2293-bd957427