こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【三井住友建株が暴落、終値18年ぶりの下げ幅-施工マンション傾き】
三井住友建設が横浜市内で施工したマンションが
傾いていたことが報道され、
同社株はストップ安を付けるなど暴落。
終値は18年ぶりの下げ幅を記録した。

※ブルームバーグ引用

近年のマンション建設でも、
このような手抜き工事があるのかと、
びっくりさせられるニュースでした。
今後の株価の動きですが、
鹿島建設の青山マンションの施工ミスのニュースも
昨年度ありましたが、
財閥系だけに、容易につぶすことはないと思います。
リスクはありますが、さらに下落するようであれば、
買ってみるのはありだと思います。

【円が対ドルで一時2日以来の高値、リスク回避で買い優勢-ユーロ上昇】
14日の東京外国為替市場では、
円が対ドルで一時2日以来の高値を付けた。
中国の景気鈍化が世界経済に与える影響を警戒し、
株価の下落を背景にリスク回避に伴う円買いが優勢となった。

※ブルームバーグ引用

ゆっくり円高が進んでいますが、
日銀の追加の量的緩和、
アメリカが金利を引き上げられれば、
その流れは、再び円安に流れるはずです。
ただし、一番可能性が高いアメリカの利上げが、
なかなか実施できないことを見越して、
円高、株安が続いているようにも見えます。

【10月13日のマーケット】
151014_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2296-4ecee50a