こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【中国株:8週間ぶり高値から下落-7~9月GDP、09年以来の低成長】
19日の中国株式相場は下落。
上海総合指数は一時8週間ぶり高値を付けたものの、
その後下げに転じた。
中国が同日発表した7-9月(第3四半期)の
国内総生産(GDP)は四半期ベースで2009年以来の低い伸びとなった。

※ブルームバーグ引用

政府の正式発表がこの数値だと、
実体経済は、もっと悪いと考えたほうが良いのが中国株です。
しかし、実体経済が悪くても投資家たちが
まだ上昇すると考えれば、株価は上がりつづけます。
中国人観光客の爆買いが、ニュースに取り上げられていますが、
こういったニュースが流れているときこそ、
そろそろ撤退時ではないでしょうか。

【中国が大量売りの米国債、米国勢は気にせず記録的ペースで購入】
中国が米国債市場でのプレゼンスを
縮小しつつあるという警鐘が発せられる中で、
1つの単純な事実が見過ごされている。
それは米国の需要がかつてないほど盛り上がっている点だ。

※ブルームバーグ引用

中国の景気が本当に良ければ、
米国債を売る必要はありません。
逆に米国債を買い続けることで、
国家戦略的にもアメリカにも優位に立てるはず。
その米国債を売却しているというのは、
やっぱり中国経済の将来に不安をあたえる材料になると思います。

【10月19日のマーケット】
151019_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2299-ca068dff