こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株は大幅続伸、為替安定や政策期待-輸出や素材、好業績株上げ】
21日の東京株式相場は大幅続伸。
外国為替市場で円が対ドルで1週間ぶりの安値となったほか、
日本の輸出下振れを背景とした追加金融緩和期待も追い風となった。
電機や機械など輸出関連、鉄鋼やパルプ・紙など
素材株中心に幅広く買われた。
安川電機や東京製鉄など個別で好業績が評価された銘柄も高い。

※ブルームバーグ引用

日本マーケットが底を打ったとは思えませんが、
日銀の量的緩和、郵貯の3銘柄の上昇、
アメリカの利上げなどを控え、
マーケットの下落を誘う要素が少ないと、
判断されたのかもしれません。
もちろん、アメリカマーケットが下落すれば、
その下落に引きずられるはずですが、
日本マーケットは堅調に推移しそうです。

【ドル・円が約1週間ぶり120円台、株高や日銀緩和期待で円売り強まる】
東京外国為替市場ではドル・円相場が約1週間ぶりに1ドル=120円台を回復。
予想外の貿易赤字を受け、日本銀行による追加緩和への期待が強まる中、
日本株の大幅上昇を背景にリスク選好に伴う円売りが優勢となった。

※ブルームバーグ引用

10月30日に、日銀が金融緩和を
実施するのではないかという期待が、
株高、円安を推し進めているようです。
以前にも書いた通り、アメリカが利上げする前に、
日銀が量的緩和のカードを切るとは思えないのですが、
郵貯のIPOが、あまり良い結果が出なかった場合や、
その後、日本マーケットが大きく下落するようなことがあれば、
日銀の量的緩和も想定しておく必要があります。

【10月21日のマーケット】
151021_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2301-93c41ea8