こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日本株は大幅反落、中国PMI低調を嫌気-鉄鋼中心全33業種売られる】
2日の東京株式相場は大幅反落。
製造業関連統計予想を下回り、中国経済に対する先行き警戒感が再燃した。
鉄鋼や非鉄金属など素材関連、海運株など中国関連業種の下げが目立ち、
鉄鋼では中国需要の低調で業績計画を下方修正した神戸製鋼所が安い。
短期過熱感に加え、祝日休場を控えた持ち高整理の売りが優勢で、
陸運や電力、銀行株など東証1部33業種は全て下げた。

※ブルームバーグ引用

ほぼ右肩上がりにマーケットが上昇していたので、
その調整だと思いますが、ひさしぶりに
日本マーケットは下落しました。
各政府も金融政策には苦労しているのが見えており、
何となく、綱渡りをしているようにも見えます。
何よりも気になるのは、やっぱり中国。
アメリカに次いで、世界2位の経済のエンジンが、
不調を起こせば、またマーケットは大きく下落することになります。

【ヘッジファンド、原油の売りポジション増やす-相場上昇予測できず】
原油価格が1バレル=40ドルに下落すると
予想していたヘッジファンドは、過去8週間で最大の相場上昇を見逃した。
米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、
資産運用会社によるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)の売りポジションは
10月27日終了週に24%増加。
買越残高は15%減り、7月以降で最大の落ち込みを示した。

※ブルームバーグ引用

一時的に40ドルを切った原油価格は、
40ドル後半まで値を戻しています。
今の水準でも原油価格は、かなり安いと思いますが、
原油の需要があっても、マーケットが下落すれば、
原油価格も下落、円高が進むようになっています。
日本政府は円安政策も今も推進しており、
株価を下落しないように調整していることがうかがえます。

【11月2日のマーケット】
151102_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2307-b7ef45a9