こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【日経平均8月来の2万円回復、設備投資や中国懸念後退-輸出中心上げ】
1日の東京株式相場は3営業日ぶりに反発、
日経平均株価はおよそ3カ月ぶりに2万円を回復した。
国内設備投資の改善傾向や中国景気に対する過度の悲観が後退、
前日の海外市場で進んだ為替のドル高・円安の動きも後押しした。
機械や電機、輸送用機器など輸出関連、鉄鋼や商社株が上げ、
前日売られた電気・ガスや証券株も上昇と東証1部の33業種中、32業種が高い。

※ブルームバーグ引用

思ったより2万円を早く超えてきました。
おそらく、ここから日本マーケットの正念場と思います。
ここからさらに上がるのか、下落してしまうのか、
見極めるのは難しいですが、マイナスのニュースが
堀を埋めてきているような気もします。

【中国の中信証券、最悪のシナリオなら競合他社に身売りも-大和証券】
中国最大の証券会社、
中信証券(CITIC証券)に対する当局の調査や
それによる経営の「混乱」が一段と深刻なものになれば、
同社が当局主導で競合他社に
買収される可能性もあると大和証券グループは予想している。

※ブルームバーグ引用

おそらく中国政府が介入し、
問題を大きくせず、解決するような気がします。
中国企業は、政府から圧力をかけられたら、
本土の商売はできません。
彼らが無理でも押し付けてきたら、
「ノー」というのは不可能だと思います。

【12月1日のマーケット】
151201_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2325-d1a8c968