こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【円が対ドルで14日以来の高値、日本株下落で買い圧力-120円台半ば】
東京外国為替市場では、円が対ドルで
1ドル=120円台半ばまで水準を切り上げている。
上昇して始まった日本株が下落に転じたのに伴い、
円買い圧力がかかった。

※ブルームバーグ引用

為替も、そろそろ反転すると思うのですが、
アメリカの利上げ以降、円高が進んでいます。
アメリカ政府が動いた後に何も行動を起こさない、
日本政府、日銀に対するあてつけのようにも思えますが、
不安定なマーケットのなかで、
安全資産の円が買われているようにも思えます。
しかし、年末に向けて、
日本マーケットは、まだ下落しそうな感じがします。

【日本経済は反転攻勢のチャンス、デフレ脱却へ「何でもやる」=日銀総裁】
黒田東彦日銀総裁は24日、経団連審議員会で講演し、
日本経済は「今が反転攻勢のチャンス」と強調し、
企業経営者に対してさらなる積極的な行動を促した。
金融政策運営はデフレからの脱却と
2%の物価安定目標の実現に向けて「できることは何でもやる」と語った。

※ブルームバーグ引用

結局、日銀ができることと言えば、
金利を上下に動かすことと、量的緩和、緩和の引き締め、
このぐらいしかないのです。
もうひとつは、このような発表をして、
政府、日銀がマーケットを動かそうとすることです。
前回、日銀は、マーケットを大きく上下させて、
その目論見は失敗しましたが、政府要人、
日銀の要人の発言が多くなればなるほど、
彼らは焦っているとも言えます。

【12月24日のマーケット】
151224_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2342-7cce0b31