こねた&中国株 ブログ

雑記およびこねた メインは中国株投資について書いています。

【マンションは高根の花に、薄れる低金利効果-億ションも株安の逆風】
安倍政権下の異次元金融緩和で
活況だったマンション販売は曲がり角を迎え、
ピークアウトしたとの見方が浮上している。
低金利効果は価格上昇に打ち消され、
サラリーマン向け物件の販売が落ち込んだからだ。
株高による資産効果で好調だった「億ション」販売も年初来の株安の逆風を受けている。

※ブルームバーグ引用

これから高齢化が進む日本において、
住宅ローンを気楽に組んで、住宅を購入するのは、
かなりリスクが高い投資になると思います。
もちろんローンを組まずに家を買うのがベストですが、
ローンを組んで家を買うということは、
不動産にレバレッジをかけて投資することと変わりません。
ただでさえ、空き家が増え続けている中で、
これから、日本の特定の大都市以外は、
土地、家屋の価格が下落する可能性が高いです。
外国人投資家が、都心のマンションの購入をけん引していましたが、
それがなくなると、日本の不動産マーケットは、かなり厳しくなるはずです。

【OPEC事務局長:世界の産油国に減産への協力を呼び掛け】
石油輸出国機構(OPEC)のバドリ事務局長は25日、
非加盟の産油国全てが世界的な供給過剰を
削減する取り組みに加わることを望んでいると語った。
単独では減産しない意図をあらためて示した。

※ブルームバーグ引用

30ドル台を割り、一時的に戻した原油ですが、
そこから反転とはいかず、30ドル後半をつけたままです。
産油国にとっては、それぞれの思惑もあり、
世界経済の悪化が懸念されているいま、
上昇する局面がくるのは、まだかかりそうです。

【1月25日のマーケット】
160125_01



スポンサーリンク












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zzzooo.blog100.fc2.com/tb.php/2360-42434e94